滋賀県フィッシングボート共同組合
http://www.biwako-boat.net/

2005年の記事

湖岸の不法占用及び条例見直しの件

組合からのお知らせ_2005.12.21

■湖岸の不法占用問題について
ニュース等にて騒がれております湖岸の不法占用について、情報交換をいたしました。すでに管轄官庁からの「指示書」という形で、不法占用物件の撤去指示を受けた業者もございますが、その経緯と基準、また今後の取り締まり予定等について、あまりにも情報が混乱しておりますので、来る12月26日(月)に組合長の仲尾他が県の不法占用対策室へ出向くことになりました。その結果については後日ご報告させていただきますが、今までにも県より「指示」や「勧告」等を受けている業者様に置かれましては、法令遵守をしていただき、湖岸の適正な利用の元、バスフィッシングレジャーの繁栄に向けてより一層の努力をして頂けます様よろしくお願い申し上げます。また、すでに県よりなんらかの通達があった場合、差し支えなければ26日までに事務局までご報告いただけましたら幸いで御座います。

■2スト規制条例に関して
新聞や各メディアにおいて規制期限の延長が決まったように報道されておりますが、現時点では「見直し案」がまとまっただけで、最終決定は06年3月の県議会まで未定で御座います。誤った知識による混乱を避けるためにも、最終決定は06年4月であることをご理解頂き、お客様からお問い合わせ等あった場合もご説明いただけます様よろしくお願いいたします。尚、当組合としては引き続き、更なる改善に向けて「要望書」の提出をはじめとする活動を行う予定でございますので、引き続きご協力お願いいたします。

理事会報告

理事会報告_2005.12.19

■日時 2005年12月19日(月) 午前10時~
■場所 ミックバスクラブ
■議題 
1.湖岸不法占拠取締りに関する件
情報交換が行われましたが、特に対応すべき情報は御座いませんでした。
2.2サイクルエンジン規制条例見直しに関する件
情報交換が行われましたが、特に対応すべき情報は御座いませんでした。

理事会報告

理事会報告_2005. 11.30

開催日時 2005年11月30日 午前10時~
開催場所 アークロイヤルボートクラブ
議 題 プレジャーボート係留保管の適正化に関する条例 についての情報交換及び対応について
http://www.pref.shiga.jp/public/pleasure_boat/aramashi.html
上記の新条例に関する情報交換を行いました。

琵琶湖レジャー利用適正化に関する条例の見直しの件

組合からのお知らせ_2005.11.05

■状況報告 2005.11.05
滋賀県琵琶湖レジャー利用適正化に関する条例の見直しが大詰めを迎えており、審議会も回を重ねる毎に具体的な見直し案作成に向けて進んでおります。当組合からは理事の菱田が審議委員として審議会に参加しておりますので、現状をご報告させて頂きます。現時点では最終決定には至っておりませんが、案として以下のような物が上がっています。
(案)琵琶湖周辺のマリーナで保管・揚降されているボートに関して、違法改造の有無等をマリーナで管理し登録制を実施することで、従来型エンジンも使用できるような仕組みの制定を検討中です。登録業務を行う拠点として、小型船舶協会及びフィッシングボート共同組合加盟店を認定し、プレジャーボートの適正な利用を推進する窓口として有効活用し、よりよいレジャー環境育成の拠点とするものです。
現時点では(案)であり最終決定には至っておりませんが、ボート組合として是非とも実現すべく交渉にあたっております。

尚、リリース禁止に関しては、まだ具体的な案は挙がっておりません。審議委員の一部に違反者への罰金を課すことを強行に推進しようとする動きもございますが、現実的には不可能であり、現状維持となりそうです。

理事会報告

理事会報告_2005.10.24

■日時 10月24日(月) 午前10時~
■場所 アークロイヤルボートクラブ
■議題 2サイクルエンジン規制条例に関して
大詰めを迎えた条例見直しに関する情報交換を行いました。

理事会報告

理事会報告_2005.07.25

■日時 2005年7月25日(月) 午前10時~
■場所 マリーナリブレ内 レストラン シェルズ
■議題 1.ブルーギル釣り大会開催について
組み合いの協力方法、運営方法について具体的な打ち合わせを行いました。

理事会報告

理事会報告_2005.05.16

■日時 2005年6月16日(木) 夜7時~
■場所 ポパイ・アングラーズイン
■内容
1.外来生物法勉強会
情報交換と今後の対策について話し合われました。
2.ブルーギル釣り大会開催について
ブルーギル釣り研究会主催の釣り大会開催を当組合が支援することが決まり、 日程や運営方法について話し合われました。
3.遊漁船(フィッシングガイド)免許講習に関して
滋賀県では今後、遊漁船主任者講習の開催予定が無いため、 組合主体で主任者講習を行こなえないか協議されましたが、 最終結論には達しませんでした。

理事会報告

理事会報告_2005.05.06

■日時 2005年6月6日(月) 午前10時~
■場所 ミックバスクラブ内
■協議内容
1.JBトーナメントの今後の対応の件
リリース禁止条例下でのトーナメント開催は事実上の駆除大会となるため、 昨年度に引き続きプロ大会の受け入れについては見合わせることとなりました。
2.特定外来生物被害防止法関連情報交換の件
法施行後の対応策について協議されました。

船舶免許証確認、ライジャケ・キルスイッチ着用確認の件

組合からのお知らせ_2005.05.27

組合員各位 2005.05.27

組合員のみなさま方におかれましては当組合活動に対し日頃より多大なご尽力を賜りまして誠に有難うございます。 2005年は3月までは寒い日が続き、釣果も振るわず客足が低迷しておりましたが、4月に入り急に暖かくなるとともに釣果も上向き、GWには客足も伸びてホッと一息といったところです。一方、賑わいを増すとともに湖岸、湖上のルール・マナーの問題も浮き上がってきております。

■船舶免許証の件 法令改正により、長さ3m未満・出力1.5kw未満の船舶は免許不要となっておりますが、一部お客様においては、バスボート全般が免許不要といった誤った認識を持たれてしまっているようです。長さ3m以上・出力1.5kw以上の船舶はすべて船舶免許証が必要である旨の告知と、店頭では、必ず免許証の提示・確認を励行いただけますようよろしくお願い申し上げます。

■ライフジャケット、キルスイッチ着用 5月26日、レンタルボートのお客様1名が行方不明のまま、エンジンがかかったままのボートが発見されております。店頭にて、ライフジャケット・キルスイッチ着用のご指導強化をよろしくお願いいたします。

理事会報告

理事会報告_2005.04.22

■開催日 2005年4月22日
■会議内容
1.2ストロークエンジン規制条例期限延長嘆願書の件
2スト規制条例の見直しが本年度中に行われます。 伴いまして当組合から期限延長の嘆願書を提出することになりました。 現行、平成10年より使用禁止であるところを、5年間延長の 平成15年より使用禁止の嘆願書を提出する予定です。
2.事務局移転の件
組合員の皆様より組合の連絡系統の不具合のご指摘が多々ありましたので、 早急に改善するため、日常の事務・ホームページ運営を外注することに なりました。 近日中に住所・電話・FAX番号等、ご報告させていただきます。